MVNOプラットフォーム「わくわくモビリティ」をIoT/M2M向けに初期費用0円から提供!

WEBからのお問い合わせはこちら

Tel. 03-6257-1850
(平日10:00〜18:00)

お知らせ・ニュースリリース

MVNOプラットフォーム「わくわくモビリティ」をIoT/M2M向けに初期費用0円から提供!

2017年11月6日
レンジャーシステムズ株式会社

MVNOプラットフォーム「わくわくモビリティ」を
IoT/M2M向けに初期費用0円から提供
~帯域提供により運用コスト削減~

MVNOプラットフォームサービスやIoTコネクティングサービスを提供するレンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:相原 淳嗣、以下レンジャーシステムズ)は、MVNOプラットフォーム「わくわくモビリティ」をIoT/M2M向けに初期費用0円より提供開始します。
事業者が通信帯域を保有することでIoT機器に最適な速度の通信プランを作ることができ、通信コストを抑えることが可能となります。なかでも、膨大なデータを収集するうえで必要不可欠である通信のコストが高額となることでIoTの本格導入に踏み切れない状況です。

IoTは、あらゆるモノがインターネットにつながり情報のやり取りをすることで、モノのデータ化やそれに基づく分析・活用が進展し、新たな付加価値を生み出すことから今後も高い成長が期待されています。
しかし、センサー機器や膨大なデータの蓄積ができるサーバ、分析など、設備およびサービス自体にかかる開発・運用コストなどがIoT事業の参入阻害要因になっているといわれています。

現状のIoT市場の主流であるSIM卸の提供方法は、予め決められた通信プランから選ぶため無駄な通信料が発生しておりますが、小ロットからの購入が可能なため比較的小規模で行う試作開発や実証実験には適しています。
しかし、大量の機器を導入する本番導入時では、無駄な通信帯域が発生することによる通信コストアップが深刻な問題になります。

そこで、レンジャーシステムズでは各事業者に通信帯域の提供により、回線単位のSIM卸では実現できなかったIoT機器に最適な通信プランの設定が可能なMVNOプラットフォームを初期費用0円から提供を開始します。
これにより、IoT/M2Mの通信コストを大幅に抑えることが可能となります。

■ IoT/M2M向け わくわくモビリティの特長
1. IoT機器に最適な通信プランの設定
2. セキュアなIoT/M2Mシステムを構築
3. 帯域利用状況の可視化

レンジャーシステムズは、IoT/M2Mに必要なデバイスからアプリケーションまでをニーズに合わせ低価格で提供することで、今後もより多くの企業がモノごとをつなぎ、活用できる環境づくりを目指します。

■ Webサイト http://www.ranger-systems.co.jp/wm/

◆本プレスリリース及び本サービスに関するお問い合わせ先◆
企業名  : レンジャーシステムズ株式会社
担当者  : 広報 江野(エノ)、プラットフォーム事業部 小山(コヤマ)

当社サービスに関する
お問い合せはこちら

Tel. 03-6257-1850
(平日10:00〜18:00)

WEBからのお問い合わせ

ページトップへ