【IoTコネクティング】リアルタイムトイレ空室検索サービス「トイレsearching」

WEBからのお問い合わせはこちら

Tel. 03-6257-1850
(平日10:00〜18:00)

IoTコネクティングサービス

toilet_img.png

toiletsearching.png

オフィスで勤務する社員の多くの方が、トイレ(個室)の数が足りないという不満をもっています。労働安全衛生法によると、トイレの個室は男性の場合60人に1つが義務付けられています。
実際、オフィスだけでなく、外出先でもトイレの場所含め、トイレ問題は多くの方が実感していると思います。

「トイレsearching」は、オフィスやショッピングモールなどの商業施設・駅・観光施設のトイレの各扉にマグネットセンサービーコンを取り付け、ゲートウェイ経由で常時空き状況をモニターすることができます。
利用者は、スマートフォンなどから瞬時に近辺のトイレの空き状況をタイムリーに確認することができ、危機的状況の回避やトイレの待ち時間や探す時間を解消することができます。

また、施設管理者は、専用の管理画面からデータを分析することでトイレの稼働状況を把握することができ、より快適なオフィス環境の運営に役立てることができます。

さらに、管理者ごとにご提供する専用Webサイト(URL)と既存のアプリやホームページを連携し、利用者に空室情報を公開することで、施設などへの誘客につなげることも可能になります。

monoコネクトサービス「トイレsearching」

レンジャーシステムズのトイレ空室情報を公開中!

弊社オフィスのトイレに『トイレsearching』を設置しましたので、どのように確認できるのかお見せします。
※社員がトイレを利用しないと「使用中」にはなりませんので、ご了承ください。

R-sys_toilet_1.jpg

利用者側機能

【表示例】
専用Webサイトで、トイレの空き状況を確認

■専用Webサイト(お客様毎に専用URL)で、トイレの空き状況を確認。
 ・URLベースなので、既存アプリやwebサイトとの連携も簡単。
 ・フロアごとにURLを分けることで、利用者を限定することが可能。

管理者側機能

【表示例】
時間別グラフと滞在時間グラフ

■管理者側はトイレの利用率や時間別利用状況など運用状態の可視化が可能。
 ・ゲートウェイ登録・死活監視機能
 ・ビーコン登録・ビーコンの電池残量確認機能
 ・各種データ解析機能(個室毎/フロア毎の利用率を日/週/月別で確認可能)

■「洋式・和式」「多目的」「ウォシュレット」「ベビーシート」などのトイレ機能を個室ごとに登録可能。

トイレの空室状況だけでなく、こんな活用方法も!

時間の管理を行うことで、個室の滞在時間や空室時間を可視化することができます。
個室のドアが閉まってから30分後に管理者にアラームを鳴らすなどの設定をしておけば、
万が一の事故の早期発見や犯罪の防止が可能となります。

【緊急時の早期発見】 【犯罪の防止】
toilet_kinkyuu.png toilet_bouhan.png

リアルタイムトイレ空室検索サービス「トイレsearching」の価格

初期セットパック オープン価格
BLE/WiFiゲートウェイ 1台 / センサービーコン 3個 / 専用CMSライセンス 1式
機器追加 BLE/WiFiゲートウェイ(ライセンス費用含む) : オープン価格(1台)
センサービーコン(ライセンス費用含む) : オープン価格(1個)
月額費用 BLE/WiFiゲートウェイ : オープン価格(1台)
センサービーコン : オープン価格(1個)
※最低利用期間:12ヶ月
 トイレは未使用時開いているタイプのみ対応。(上記以外のタイプは別途ご相談ください)
※利用にはWiFi環境が必要となります。(11b/g/n対応)(WiFi環境が無いお客様は別途ご相談ください)

設置例

設置シミュレーション

10階建オフィス・各階1箇所 個室5室(未使用時開くタイプの扉)

  • 専用ゲートウェイ10台
  • センサービーコン50個


約款

トイレsearching約款_Ver3.0.pdf

当社サービスに関する
お問い合せはこちら

Tel. 03-6257-1850
(平日10:00〜18:00)

WEBからのお問い合わせ

ページトップへ